このエントリーをはてなブックマークに追加

シャベルとスコップの違い、説明できますか?

シャベルスコップ違い
この雑学では、シャベルとスコップの違いについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

シャベルとスコップの呼び方の区別で、存在しないものはどれ?
A.足を掛ける部分の有無で違う
B.大きさによって違う
C.地域によって違う
D.輸入国によって違う

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

シャベルとスコップの違い、説明できますか?

シャベルとスコップって同じなんじゃないの?

皆さんはシャベルとスコップの違いについて説明を求められた時に、説明することができますか?
おそらくですが、この2つの違いについて明確に説明できる人ってかなり少ないと思います。

そもそも、どちらも土を掘る時に使うものですし、用途も全く同じです。
それなのに呼び方が全く違うってとても不思議ですよね!

今回の雑学では、そんなシャベルとスコップの違いについて、わかりやすく解説します!
もしも人前で披露する機会があれば、鼻高々にこの雑学を披露しちゃってください。

スポンサーリンク



諸説あるシャベルとスコップの違い!?

それでは、さっそくシャベルとスコップの違いについて触れていきましょう!
筆者がシャベルとスコップの違いについて調べると、色々な情報が出てきましたので、ひとつずつ紹介します。

足を掛ける部分があるかないかの違い

JISの規格では「シャベル=足を掛ける部分がある」、そして「スコップ=足を掛ける部分がない」ということで区別しているそうです!
たしかに、シャベルとスコップを見ていくと、掘る部分の付け根に足を掛ける部分があるものと無いものがありますよね!

筆者的にはこの違いが1番分かりやすく納得できるものでした。
シャベルとスコップの違いについて、もともとご存じだった方はこの区別で判断していた方も多いのではないでしょうか?

大きさと地域によって呼び方が変わる?

JIS規格では足を掛ける部分があるかないかで区別することはわかりました。
しかし、一般的には大きさによってシャベルとスコップを区別することが多いそうです。

皆さんはシャベルとスコップと聞いた時に、どちらがどのような大きさだと想像するでしょうか?
その想像によって住んでる地域がわかるかもしれませんね!

実は、西日本では小型の物をスコップ、大型の物はシャベルと呼ぶことが多いそうです。
また、逆に東日本では大型の物をスコップ、小型の物をシャベルと呼ぶことが多いそうです。

しかし、なぜ西日本と東日本で呼び方が分かれているかは定かにはなっていません。
もしも地元で逆の呼び方をしている人がいたら、違う地方から引っ越してきている方なのかもしれませんね!

ちなみに、シャベルが英語でスコップはオランダ語となっています。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.輸入国によって違う」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
アロンアルファの歴史と意外な用途とは?
海の水の塩辛さは変わる?変わらない?
サイコロの歴史と1の目が赤い理由とは!?

まとめ

シャベルとスコップの違いは、明確には決められておらず、どのように呼び方が変わっていったのかは定かではない。
JIS規格では、足を掛ける部分の有無によって区別している。「有=シャベル」「無=スコップ」
一般的には、大きさにや地域によって呼び方が区別されている。
西日本では、小型の物をスコップ、大型の物はシャベルと呼び、東日本では、大型の物をスコップ、小型の物をシャベルと呼ぶ。
そのため、スコップとシャベルという言葉を聞いた時に思い浮かべるものによって、出身地が分かれることが多い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です