このエントリーをはてなブックマークに追加

独特な模様が可愛い!パンダマウスの飼い方と生態とは!?

パンダマウス生態
この雑学では、その独特な模様が可愛らしい、パンダマウスの飼い方と生態について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

パンダマウスは日本ではいつから飼育されていた?
A.江戸時代
B.明治時代
C.大正時代
D.昭和時代

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

独特な模様が可愛い!パンダマウスの飼い方と生態とは!?

パンダマウスって知ってますか?

pandamouse1
皆さんはパンダマウスという動物をご存じでしょうか?
小動物のペットといえばハムスターが圧倒的人気を誇っていますが、パンダマウスもとても可愛いのです!

そのパンダのような白と黒のぶち模様が独特で、小さくてなんとも愛嬌のある姿をしています。
また、つぶらな瞳もとても可愛らしくて、見つめられると思わず飼いたくなってしまうのではないでしょうか!?

今回の雑学では、そんなパンダマウスの生態や飼い方について紹介します。
もしもこの記事を読んで気になった方は、ペットショップなどでパンダマウスを探してみてくださいね!

スポンサーリンク



パンダマウスの生態

pandamouse2
まずはパンダマウスの基本的な生態について触れていきましょう!
パンダマウスは「ゲッ歯目 ネズミ亜目 ネズミ科 ネズミ亜科 ハツカネズミ属」です。

どこに生息しているのかというと、実は品種改良によって生まれたネズミなので、野生には存在しないのです!
ペット専用のネズミということですね!

ハムスターなどと違うところは、長いしっぽがあり、胴体が非常に小さいところです。
体長は7cm前後で体重は30~50gまで増えるそうです!

寿命は1年半~3年程度と少し短いです。
もしも飼うことになった場合はそれなりの覚悟が必要ということですね・・・

とても小さい動物ですが、実は学習能力が高い動物なんです!
迷路を走らせたりすると、なんと道を覚えることができる個体も存在するそうです!

そして、ペットとして人気な理由として、人なれしやすい点があげられます。
穏やかな性格のため、その姿にとても癒されます。

最大の特徴はやはりその模様ですが、首のまわりとおしりに黒い模様がでる個体が多いようですね!
その名の通りパンダのようで非常に可愛らしいです!

パンダマウスの基本的な生態がわかったところで、次はパンダマウスの飼い方について触れていきましょう。

パンダマウスの飼い方は?

pandamouse3
まずは、パンダマウスの値段からですが、パンダマウスは1000円~3000円ぐらいするそうです。
お手軽な値段で、手は出しやすそうなペットですよね!

そして、パンダマウスは江戸時代から飼育されていた品種で、ペット用に品種改良されたため、比較的飼いやすい動物だと思われます。
飼育する際には、ハムスター用の飼育ゲージで飼うことができます。

色々な方の飼育日記などを見ていると、衣装ケースなどで飼っている方もいるみたいですね!
床材は必須のため、必ず入れてあげるようにしましょう。

パンダマウスはハムスターと違ってトイレの場所を決めません。
そのため、トイレ掃除を楽にするためにも、新聞紙を床材にするといいそうです。

猫のトイレ用の砂の新聞紙の下に敷き詰めておくと、消臭効果もあります。
そして、歯が伸び続ける動物のため、市販されているかじり木を用意してあげてください。

室温については15度~27度で、湿度は40%~70%を維持するようにしてあげるといいでそうです。
ただし、エアコンの風が直接当たったり、直射日光などが当たったりする場所は避けて、風通しの良いところに置いてあげると良いでしょう。

餌については、市販されているマウス用のペットフードの他に、果物(リンゴ)、野菜(キャベツ、さつまいも)などを食べます。
餌も水もたくさん摂取します、水はこまめに取り換えてあげてください。

ハムスター用などに市販されている餌であれば間違いはないでしょう!
雄と雌で一緒に飼う場合は、繁殖しやすいため、注意する必要があります。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.江戸時代」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

パンダマウスをこれから飼おうと思っている方の参考になれば幸いです!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
笑顔が可愛い!クォッカ(クアッカワラビー)の生態とは?
安いワインほど悪酔いしやすいってホント?
食卓用ナイフの刃先が丸い意外な理由

まとめ

パンダマウスはペット用に品種改良された品種のため、野生には生息していない。
ハムスターなどと違いは、長いしっぽがあり、胴体が非常に小さいところである。
寿命は1年半から3年と短めである。
学習能力が高い動物で、迷路をやらせると道を覚える事もある。
人懐っこく穏やかな性格をしている。
飼い方については色々とコツがあるが、飼いやすさでいうと、比較的難しくない動物である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です