このエントリーをはてなブックマークに追加

SOSは略じゃない?意味や由来についてわかりやすく解説。

SOS略意味由来モールス
この雑学ではSOSは何の略なのか、またSOSの意味や由来についてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

SOSは何の略?
A.Save Our Ship
B.Save Our Soul
C.Save Our Shop
D.略語ではない

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

SOSは略じゃない?意味や由来についてわかりやすく解説。

よく聞くけどよく知らない言葉

SOS略意味由来モールス
今回は皆さんもよく知っているようで知らない言葉についての雑学を一つ紹介します。
普段から何気なく使っている言葉の意味はなんとなくわかっていても、由来や何の略語なのかわからず使っていることも多いですよね。

例えば皆さんは「ぐっすり」という言葉が略語だと勘違いをしていませんか?
「ぐっすり」といえばよく「good sleep」の略語だとされていますが、実はこの由来は間違っていて、江戸時代にはすでにぐっすりという言葉は「すっかり」という意味で使われていました。

今回は「ぐっすり」と同様に勘違いされがちな言葉である「SOS」について解説していきます。
SOSにはどのような意味や由来があって、またどんな略語だと思っていますか?

スポンサーリンク

SOSの意味や由来とは?

それではさっそくSOSの意味や由来について解説していきます。
SOSは現在では助けが必要な時に救助を求めるための記号、または合図として使われている言葉になります。

映画などで無人島で遭難している登場人物が浜辺にSOSを書き、飛行機などに救助を求めるシーンなどが代表的なSOSの使い方ですよね。
SOSは現在では救助が必要な時全般に使われる言葉ですが、もともとは海上で遭難した時に船舶から救助を求める際に使われる遭難信号でした。

遭難信号を送る際にはモールス符号が使われていて、SOSをモールス符号で送信することによって救助を求めていたんですね。
時代が経過するのにつれてSOSはもっと広い意味で使われるようになり、現在のような救助全般を求める記号として成立したのです。

SOSは何の略?

SOS略意味由来モールス
続いてはSOSという言葉が何の略語なのかについて解説していきます。
SOSについては「Save Our Ship(私たちの船を助けて)」や「Save Our Soul(私たちを救って)」の頭文字であるという説が存在しています。

しかし、実はこのどちらも正しいものではなく、そもそもSOSは略語ですらないのです。
先ほど解説したように、SOSはもともと海上で遭難した時に救助を求めるためのモールス符号でしかなく、特定の意味があるわけではありません。

モールス符号は「・」と「-」を組み合わせることによって文字を表現する通信手段であり、SOSをモールス符号にすると「・・・---・・・」となります。
単純にこのモールス符号が覚えやすく、遭難した時など緊急時にも打ち間違いが少ないことから「・・・---・・・(SOS)」が採用されているだけなんです。

以上がSOSは何の略なのか、またSOSの意味や由来についてでした、いかがでしたか?
それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

スポンサーリンク

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.略語ではない」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

注目記事



他にも、こんな雑学がお勧めです。
卵は実はコレステロールを下げてくれる!?
シュークリームの名前の由来、英語ではないですよ!
脱獄した囚人がそのまま就職、その職業とは?

まとめ

SOSは現在では救助が必要な時に使われる記号、合図としての意味合いを持っているが、昔は海洋で船舶が遭難した時に使われるものだった。
海洋上で船舶が遭難した際にSOSをモールス符号で遭難信号として送信することによって救助を求めていた。
SOSは「Save Our Ship(私たちの船を助けて)」や「Save Our Soul(私たちを救って)」の略語であるという説があるが、そもそもSOSは略語ではない。
モールス符号で「・・・---・・・(SOS)」が緊急時のために覚えやすく、間違いが少ないことから採用されているだけである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です