ルパン三世の素顔は誰にも知られていない、実は変装だった!

今回は「ルパン三世の素顔は誰にも知られていない」ということで、ルパン三世にまつわる雑学を紹介します。
ルパン三世は度々新作のアニメ映画が公開されたり、テレビアニメの新シリーズが公開され、誰もが知っている人気作品ですよね。

そのため、誰もがルパン三世の姿についてご存じだと思いますが、知られていないことも数多くあります。
実は我々がよく知っているルパン三世の顔は変装であり、素顔については誰にも知られていないのです。

ルパン三世の素顔は誰にも知られていない

ルパン三世素顔
それではさっそくルパン三世の素顔にまつわる雑学を紹介していきます。
冒頭でも軽く解説しましたが、ルパン三世の素顔は誰にも知られておらず、普段見せている顔は実は変装している姿なのです。

これは都市伝説などの類のものではなく、公式設定としてルパン三世は素顔を誰にも見せていないことになっているんですね。
ルパン三世は大怪盗アルセーヌ・ルパンの孫であり、ルパン三世は祖父のアルセーヌ・ルパンを尊敬しているという設定があります。

そして、ルパン家には泥棒としての指南書が存在していて、ルパン三世はアルセーヌ・ルパンの指南に従って、決して誰にも素顔を明かさないようにしているのです。
そのため、ルパン三世の素顔は仲間の次元大介や石川五ェ門にすら知られていないのです。

不二子にだけ素顔を明かした

ルパン三世の顔は誰にも知られていませんでしたが、2018年になって不二子だけには明かされました。
2018年に放送されていたルパン三世PART5の最終回において、ルパン三世は不二子に「私はあなたの何?」と問われました。

そこで、ルパン三世は不二子のことだけは信頼しているという証として、変装しているマスクを取って素顔を見せたのです。
放送上ではマスクをはずした素顔は黒塗りとなっていたため、ルパン三世の素顔を知っているのは世界で不二子だけになりますね。

最初はルパンの孫という設定じゃなかった

ルパン三世といえば大怪盗アルセーヌ・ルパンの孫という設定で知られていますよね。
しかし、モンキーパンチ氏がルパン三世を描き始めた当初は、違う設定だったのです。

最初はアルセーヌ・ルパンの孫ではなく、あまりの怪盗っぷりにルパン三世という愛称で呼ばれるようになったという設定でした。
しかし、編集者から面倒くさいからアルセーヌ・ルパンの孫ということにしようと持ち掛けられて、結局は現在の設定に落ち着いたんですね。

モンキーパンチ氏の構想では、ルパン三世の舞台が1967年だったことから、単純にアルセーヌ・ルパンの孫世代あたりが活躍をするというだけで、孫にしようとは考えていなかったそうです。
また、アルセーヌ・ルパンの孫という設定にするのにあたって、モンキーパンチ氏自身は著作権などの心配をしていました。

しかし、編集者にもまさか世界的な作品になると思われていなかったことから、最終的に孫という設定で落ち着いたのでした。

ルパン三世には子供がいる

実はルパン三世には子供がいるってご存じでしたか?
この設定も都市伝説などの類のものではなく、モンキーパンチ氏も公式に認めている設定なんですね。

1975年に刊行されていた「少年アクション」という雑誌では、「ルパン小僧」という漫画が連載されていました。
この物語はルパン三世と不二子の子供がルパン四世を目指すというストーリーとなっていました。

そして、ルパン小僧の1話や18話では、お父さんであるルパン三世が実際に登場しています。
しかし、少年アクションが休刊した影響を受けたことにより、ルパン小僧も18話で打ち切りとなってしまいました。

以上がルパン三世にまつわる雑学についてでした。


注目記事


他にも、こんな雑学がお勧めです。
【雑学】ポテトチップスの歴史、誕生の意外なきっかけとは!?
食卓用ナイフの刃先が丸い意外な理由
エクレアの意味・由来・語源は稲妻?シュークリームとの違いも解説

まとめ

ルパン三世は祖父のアルセーヌ・ルパンの教えに従い常に変装していることから、実は誰にも素顔を知られていない。
アニメのルパン三世PART5の最終回では、不二子だけに素顔を明かしたことから、不二子には信頼を寄せていることがわかる。
最初はあまりの盗みっぷりに「ルパン三世」と呼ばれるようになったという設定にする予定だったが、最終的にはアルセーヌ・ルパンの孫という設定になった。
1975年には少年アクションという漫画雑誌で「ルパン小僧」という漫画が連載されており、ルパン三世には不二子との子供がいる。