碧南人参の日の由来と面白い雑学、1月23日の今日は何の日?

1月23日の「今日は何の日?」は「碧南人参の日」です。
また「碧南人参の日」にちなんで「にんじんと大根の相性は良い?悪い?」「タケノコの脅威の成長速度」など野菜にまつわる面白い雑学を紹介します。


1月23日は碧南人参の日

今回は「碧南人参の日」について解説していきます!
なぜ1月23日が「碧南人参の日」なのかというと、1月23日という日付が「いいにんじん」という語呂合わせであることが由来となっています。

また、この時期が碧南人参が最も熟して甘くなる時期であることも由来の一つとなっているそうです。
「碧南人参の日」についてはJAあいち中央碧南人参部会によって制定された記念日となります。

この記念日を制定することにより、愛知県碧南市の名産品である碧南人参のブランド名「へきなん美人」をPRをすることが目的となっています。
碧南人参は「へきなん美人」という言葉の通り、ほかの人参と比べてもお形や姿がとても綺麗なことが特徴の人参です。

そして、色もきれいな紅色をしており、にんじんが持っている独特な臭みも少なく、甘みが強いことからにんじんが苦手な人でも食べやすいにんじんとなっています。
冬のこの時期にはさらににんじんの持つ甘みが増すそうなので、ぜひ気になる方は愛知県碧南市の碧南人参を食べてみてくださいね。


野菜の雑学

今回は「碧南人参の日」にちなんで「にんじんと大根の相性は良い?悪い?」「タケノコの脅威の成長速度」など野菜にまつわる面白い雑学を紹介します。

にんじんと大根の相性は良い?悪い?

大根をすりおろしたものに、にんじんをすりおろしたものを加えたものを「もみじおろし」と呼びますよね。
しかし、大根とにんじんの相性は悪く、一緒に食べてはいけないという話を聞いたことがありませんか?

その理由としては、にんじんに含まれるアスコルビン酸という物質が作用し、大根おろしに含まれるビタミンCを壊してしまうと考えられたからなのです。
実はこの説は間違っていたそうで、その後の研究によってにんじんと大根の相性は逆に良いものだということが判明しました。

にんじんに含まれるアスコルビン酸が作用することにより、大根のビタミンCがより強い効果を発揮するようになるのです。
意外とにんじんと大根の相性が悪いと考えている人も多いそうなので、話題に上がった時には相性が良いことを教えてあげてくださいね。


タケノコの脅威の成長速度

タケノコは驚異的な速度で成長することが知られていますが、具体的にどれぐらいの速度で成長するかご存じですか?
タケノコは放置しておくだけで数か月で親と同じ高さまで成長し、場合によっては1日で1メートル成長することもあるそうなのです。

なぜここまでタケノコの成長速度が速いのかというと、竹の内部が空っぽであることが関係しています。
他の植物は内部まで成長する必要がありますが、タケノコは外部だけを成長させることに集中出来て、余計なエネルギーを使わなくて済むのです。

また、タケノコの種類によっては昼夜問わず成長するものもあるため、他の植物よりも成長スピードが速い理由の一つとなっています。
タケノコは最初から成長点の数が決まっていますが、成長点の数が多いタケノコについては最大で20メートル以上に成長することもあるそうです。

以上が野菜の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(1月23日)
電子メールの日
アーモンドの日
碧南人参の日
不眠の日
乳酸菌の日

■明日は何の日?(1月24日)
ボーイスカウト創立記念日
ゴールドラッシュデー
法律扶助の日
削り節の日

■昨日は何の日?(1月22日)
カレーの日
飛行船の日
ジャズの日
黙阿弥忌
ショートケーキの日
禁煙の日
カニカマの日