このエントリーをはてなブックマークに追加

相撲の土俵は、昔は四角形だった!?

相撲土俵四角
この雑学では、相撲の歴史と、土俵は昔、どんな形をしていたかについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

昔、土俵を作るために利用していたものは?
A.紐
B.竹
C.農具
D.布

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

相撲の土俵は、昔は四角形だった!?

相撲の始まり

日本の国技として世界中から注目を受けるスポーツが相撲です。
そんな相撲ですが歴史は古く、日本書紀にもそのエピソードが記されているほどです。

そんな中、相撲における勝負の場である土俵が世に登場したのは、戦国時代末期から江戸時代初期にかけてでした。
それまでの相撲は、ぐるりと人が気に囲まれたなかで、相手を押し倒したり投げ倒したり、どちらかが動けなくなるまで戦うものでした。

相撲はただの投げ飛ばし合いだったとは驚きですよね!
それが、一定の場所を区切って土俵として、そこから出たり手をついたりしたら負けというルールのもと行われるようになりました。

これは一説によると、あの有名な織田信長のアイデアだったそうです!
その真偽のほどは定かではありませんが、信長はかなりの相撲好きだったということになりますね!

スポンサーリンク

江戸時代には土俵の変化

江戸時代の初期の土俵は、相撲をする場の四隅に柱を立てて、それに紐を張るという、ボクシングのリングに似たものだったそうです!
しかし、江戸時代の中期ごろから土俵は円形に変化しました!

ただし、地方によっては四角形の土俵で相撲が行われていました。
また、神前相撲などの儀式では、八角形の土俵や二重の丸土俵を使うこともありました。

やがて、土俵のしきりには、紐ではなくて、土を詰めた俵をおくようになりました。
さらには、それまで平面に設けられた土俵が土を持った檀上に築かれるようになり、俵の形も細く、半分以上を土に埋めるようになりました。

こうすることにより、見物人が相撲をより見物しやすくなりますね!

土俵の変化で、相撲の楽しみも増える!?

これまでの説明通り、土俵の形や設置方法が変わったことにより、相撲の勝負にも見所が多くなりました。
四角い土俵だと、角に追いつめられた者は身動きがとれなくなりますが、丸い土俵なら体をひねって逃げ回る事もできます。

四角いリングで行われるボクシングでは、相手をコーナーに追い込んで身動きをとれなくするテクニックが発達しました。
しかし、相撲では、それとは正反対の面白さが見出されたのです!

例えば、押してくる相手を丸くなった土俵際でかわすという攻防は、土俵際でのどんでん返しを可能にしました!

土俵が微妙に丸くない?楕円形?

土俵をよく観察してみると、円形ではなく楕円となっており、四方が飛び出ていますよね?
あれは、東西南北の真ん中の俵を、土俵の円より俵ひとつ分だけ外側にずらして埋めているためなのです!

その部分だけ少し土俵が広くなっていて、防御に回っている力士が得をすることから、徳俵と呼ばれています。
元々は、相撲が野外で行われていたため、土俵にたまった雨水を排水するためにずらしていた名残りで残っているんですね!

なぜ土俵には屋根がついている?

テレビで大相撲を見ると、土俵の上に立派な屋根が吊下げてありますよね?
あれは、本来の相撲が野外で行われていた名残りだそうです。

かつての屋根は、四本の柱で支えられていました。
しかし、観客から勝負が良く見えるように、また、テレビ中継の都合がいいように、柱を取り払って屋根を吊るすようにしました。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.紐」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

相撲の面白さには土俵の形が深く関係していたんですね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
風邪の時に食べても意味がないものや、負担になるもの
女性の脈あり・脈なしのサインとは?
アロンアルファの歴史と意外な用途とは?

まとめ

相撲は本々、人だかりの中で行われる投げ飛ばし合いだった。
土俵は、四隅に柱を立てて、それに紐を張るというボクシングのリングに似たものだった。
やがて、しきりには紐ではなくて、土を詰めた俵が置かれるようになり、円形となった。
土俵に屋根がついているのは、昔は野外で相撲が行われていたから。
また、観客から勝負が良く見えるように、また、テレビ中継の都合がいいように、柱を取り払って屋根を吊るすようになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です