このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイーブの意味と語源、意外と勘違いされている!?

この雑学ではナイーブという言葉の意味と語源について解説します。
ナイーブ意味語源

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

日本語のナイーブの語源となった言葉は何語?
A.英語
B.フランス語
C.イタリア語
D.スペイン語

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ナイーブの意味と語源、意外と勘違いされている!?

日本で使われているナイーブの意味

普段、何気に使うことの多いナイーブという言葉ですが、ちゃんと意味を理解して使っていますでしょうか?
皆さんはナイーブという言葉を聞いて、どんな事を想像しますか?

よく「あの人はナイーブな人だから・・・」などの使い方をしますよね!
この場合は、おそらく「あの人は繊細で傷つきやすい人」みたいな意味をイメージされるのではないでしょうか!

「感受性が高い人」などのニュアンスで使われる言葉ですが、外国人が聞くと首をかしげてしまうのです。
実はナイーブという言葉は、英語ではとてもネガティブな意味で使われる言葉だったのです!

スポンサーリンク

英語のナイーブの意味

それでは、英語でナイーブはどのような意味で使われているのかを確認していきましょう!
ちなみに英単語でナイーブは「naive」と書き、意味は以下の通りです。

•何も知らない
•洗練されていない
•教育を受けていない
•愚直
•単純
•無知
•未熟
•戦略の無い
•バカ正直
•騙されやすい

このようにかなりネガティブな意味が並んでいますね!
簡単に言えば、ナイーブは英語で「単純で世間知らず」というニュアンスで使われている言葉なのです!

例えば「He says you are naive.」という文章があったとします。
日本風に訳すと、「彼は君が繊細な人だと言っていたよ」という意味になります。

しかし、外国人が聞くと「彼は君が世間知らずで無知だと言っていたよ」という意味になってしまいます。
そのため、間違ってもナイーブという言葉を褒め言葉として使ってはいけないのです。

英語で繊細な人という意味を表現したい場合は、「sensitive(繊細な)」という単語を使うようにしましょう!
それでは、なぜナイーブという言葉が日本では「繊細」という意味で使われているのでしょうか?

その理由を知るために、ナイーブという言葉の語源について触れていきましょう!

ナイーブの語源

ナイーブの語源はフランス語の「naif」の女性名詞である「naive(ナイーブ)」とされていて、「生まれたままの」という意味になります。
フランス語では、「素直な」「無邪気な」などの意味でとられる場合と、「世間知らず」「鈍感」などの悪い意味でとられる場合があります。

日本では英語のナイーブよりも、フランス語のナイーブの意味で取られることが多くなり、「繊細」「純粋」「傷つきやすい」などのニュアンスで使われるようになったわけですね!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.フランス語」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
牡蠣に当たると、なぜあんなにひどい症状が!?
四つ歯のクローバーを見つけるとなぜ幸せ?
脱獄した囚人がそのまま就職、その職業とは?

まとめ

ナイーブは日本では、「繊細」「純粋」「傷つきやすい」などの意味で使われている。
しかし英語では、「単純で世間知らず」というネガティブな意味で使われている言葉である。
フランス語では、「生まれたままの」という意味になり、フランス語を語源として、日本語のナイーブという言葉が生まれた。
英語で繊細な人という意味を表現したい場合は、「sensitive(繊細な)」と表現するのが適切である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です