このエントリーをはてなブックマークに追加

「悪運が強い」の正しい意味って知ってますか?

悪運が強い意味
この雑学では、間違えて覚えられがちな「悪運が強い」という言葉の意味について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

「悪運が強い」の正しい意味はどれ?
A.悪人なのに運が強い
B.悪いことをしても報いを受けない
C.運が悪い事態に陥ってもほとんど被害を受けない
D.運が悪い事態が次々に起こる

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

「悪運が強い」の正しい意味って知ってますか?

「悪運が強い」は誤解されている言葉!?

皆さんの周りには「悪運が強い」っていう人はいますか?
筆者の身近な人間にもいたります。

ところでこの「悪運が強い」という言葉の正しい意味ってご存じでしょうか?
実は意味を勘違いされている言葉で、正しい意味を知っている人って意外と少ないんです。

昔は正しい意味で使われていたそうですが、時代と共に意味が変わっていって、今では本来の意味を答えられる人が減ってしまったのです。
筆者もこの記事を書くまでは、意味を間違えて覚えていた人間の一人です。

世間的には「悪運が強い=運が悪い事態が起きてもほとんど被害を受けない」という意味で使われています。
しかし、実はこの使い方は間違えているのです!

今回の雑学では、「悪運が強い」の正しい意味や使い方を解説しますので、ぜひ勉強していってくださいね!

スポンサーリンク

「悪運が強い」の正しい意味って?

それでは、さっそく「悪運が強い」の正しい意味について解説していきます。
「悪運が強い」の意味について調べると、以下の内容であることがわかります。

・悪いことをしても報いを受けない

簡単にいうと、悪人が悪事を働いても罰が当たらないとうことになりますね!
「悪運」と書くと「運が悪い」という意味だと思われがちなため、誤解を生んでしまい、意味が変化してきたものと考えられます。

「悪運=悪事を働くための運」と覚えておくとよいでしょう。

「悪運が強い」の使い方は?

正しい意味を知っている人からすると、「悪運が強いね!」なんて言われるといい気分にならないでしょう。
なぜなら「悪いことをするための運」だからです。

決して褒め言葉ではないので、使い方には注意してください。
例えば、明らかな犯罪を行い裁判にかけられてた人が、なぜか無罪になってしまった場面などは「悪運が強い」などと表現します。

「悪運」というワードに限って言えば、悪事をたくさん働いていた人間が罰を受けた場合などに「悪運が尽きた」と表現します。
映画や漫画などで、悪人が「悪運が尽きたな。」というようなセリフを言いますが、それも正しい使い方といえますね!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.悪いことをしても報いを受けない」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

「悪運が強い」の正しい意味や使い方についてご理解いただけたでしょうか!?

他にも、こんな雑学がお勧めです。
安いワインほど悪酔いしやすいってホント?
別腹は本当に存在するの?
実は、点滴の成分はアレと同じ!?

まとめ

「悪運が強い」という言葉は時代と共に意味が変わっていき、意味を間違えて覚えられている言葉である。
「悪運=運が悪い」という勘違いから、「運が悪い事態が起きた時に、ほとんど被害を受けない」という意味で勘違いされている。
正しい意味は「悪いことをしても報いを受けない」である。
悪人に対して使う言葉であって、決して褒め言葉ではないため使い方には注意が必要である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連コンテンツ

注目記事

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です