このエントリーをはてなブックマークに追加

ストロガノフの意味や語源由来を解説、どんな料理か知ってます?

ストロガノフ意味由来語源
この雑学ではストロガノフの意味や語源由来について解説していきます。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ストロガノフの意味とは?
A.煮込み料理
B.茶色い
C.地名
D.人物名

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ストロガノフの意味や語源由来を解説、どんな料理か知ってます?

日本では馴染みの薄い料理

ストロガノフ意味由来語源
日本ではイタリア料理、スペイン料理、中華料理、タイ料理、など世界各国の様々な料理が食べられますよね。
しかし、それでもまだまだ日本に馴染みのない国の料理がこの世界にはたくさん存在しています。

レストランなどに行ってメニューに載った料理名を見たとしても、それがどんな料理なのか想像ができないこともあります。
例えば「ビーフストロガノフ」などの料理を頭で思い浮かべた時に、どんな料理か想像することができますか?

そもそも「ストロガノフって何語?」「ストロガノフってどこの国の料理?」と思ってしまう人も多いでしょうね。
今回はストロガノフという料理の意味や語源、どのようにしてストロガノフという料理が誕生したのか由来について解説していきます。

スポンサーリンク

ストロガノフの意味や語源由来とは?

ストロガノフ意味由来語源
それではさっそく「ストロガノフ」について解説していきます。
「ストロガノフ」とはロシア料理であり、16世紀初頭にウラル地方に存在した貴族である「ストロガノフ家」が起源の料理だとされています。

そのため「ストロガノフ」という言葉自体に意味はなく、強いて言えば「ストロガノフ家流の」という意味になります。
ストロガノフがどんな料理なのかというと、細切りにした肉や玉ねぎ、マッシュルームなどのキノコをバターで炒めます。

炒めた食材を煮込んだ後に仕上げにサワークリームをたっぷり入れたものがストロガノフになります。
日本ではバターライスやサフランライスと一緒に食べられたり、サワークリームが一般的でないことから生クリームで代用されることがあります。

ストロガノフ誕生のきっかけとは?

ストロガノフ意味由来語源
「ストロガノフ」という料理名は貴族である「ストロガノフ家」が由来と解説しましたが、実は誕生のきっかけは諸説あります。

ビーフステーキの代用品

ストロガノフ家の当主が老いてしまった影響で歯が抜けてしまい、好物のビーフステーキが食べられなくなってしまいました。
そのことから、細かく切った牛肉を柔らかく煮込んで食べやすくした料理を作ったことで誕生したのがストロガノフだという説です。

料理好きの当主が作った

料理好きだったストロガノフ家の当主が小腹をすかせて夜中に起きてしまいました。
しかし、使用人などが全員眠っていたことから、当主があり合わせで作ったものがとても美味しくこれがストロガノフだったという説です。

コックの失敗から誕生した

ストロガノフ家に仕えるコックのミスでソースが焦げてしまい、これがきっかけでストロガノフが誕生したという説です。

以上がストロガノフの意味や語源由来についてでした、いかがでしたか?
それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

スポンサーリンク

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.人物名」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

注目記事



他にも、こんな雑学がお勧めです。
四つ歯のクローバーを見つけるとなぜ幸せ?
SOSは略じゃない?意味や由来についてわかりやすく解説。
シマウマに乗れない理由とシマウマの鳴き声とは?

まとめ

「ストロガノフ」とはロシア料理であり、貴族である「ストロガノフ家」によって考案されたものである。
単語自体に意味はなく、強いて日本語にするならば「ストロガノフ家流の」という意味になる。
歯が弱くなってしまった当主のために食べやすい牛肉料理として誕生したという説、コックのミスによって誕生したという説がある。
また、当主自身があり合わせの食材を使って作ったことで誕生したという説もある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です