シンクタンクの意味とは?コンサルタントとの違いも解説。

シンクタンク意味コンサルタント違い
この雑学ではシンクタンクという言葉の意味、コンサルタントとの違いについて解説します。

雑学クイズ問題

シンクタンクの主な業務はどれ?
A.事務
B.経営
C.指導
D.研究

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

シンクタンクの意味とは?コンサルタントとの違いも解説。

たまに聞く難しいカタカナ語

シンクタンク意味コンサルタント違い
たまにしか聞かないカタカナ語で実は意味がよくわかっていないカタカナ語ってありませんか?
現在の世の中では、職場でも何かとカタカナ語を使う機会が増えたため、一つ一つの意味を覚えていくのは大変ですよね。

今回解説するのは「シンクタンク」という言葉になりますが、皆さんはシンクタンクという言葉の意味をちゃんと理解していますか?
たまにニュースや新聞で使われており、大人になって意味を知らないと少し恥ずかしい思いをするカタカナ語の一つです。

また、シンクタンクによく似た言葉として「コンサルタント」という言葉がありますが、その違いついてご存知ですか?
シンクタンクとコンサルタントを同じものだと考えている人もいますが、これら言葉にはきちんとした違いがあります。


シンクタンクの意味とは?

それではさっそく「シンクタンク」という言葉の意味について解説していきます。
「シンクタンク」という言葉を辞書などを使って調べていくと、以下のような意味であることがわかります。

・諸分野に関する政策立案・政策提言を主たる業務とする研究機関
・または頭脳集団

シンクタンクという言葉を直訳すると「think=考える」「tank=容器」となりますよね。
つまり、諸分野において研究を進めて、専門的知識を蓄えておく容器のような存在が「シンクタンク」と考えればわかりやすいですよね。

シンクタンクはその研究の成果である知識を生かし、事業戦略を策定したり、政府に対して政策の策定を行うことを業務としています。
シンクタンクといっても民間企業向けのシンクタンクと、政府向けのシンクタンクの2種類が存在しています。

コンサルタントとの違いとは?

シンクタンク意味コンサルタント違い
続いて「シンクタンク」と「コンサルタント」の違いについて解説していきます。
諸分野の専門的知識を用いて提案を行うという点ではどちらも同じ職業のように感じますよね。

しかし、シンクタンクはあくまで調査や研究を主な目的としている機関であり、アドバイスをすることが本業ではありません。
コンサルタントをすることももちろんありますが、普段から調査や研究を行い、コンサルタントを求められた時に様々な戦略や可能性、選択肢を提示するのがシンクタンクの役割なんですね。

逆にコンサルタントは具体的に指示を出して「指導」することが目的となっています。
シンクタンクが研究機関であれば、コンサルタントは相談役と考えればわかりやすいかもしれません。

以上がシンクタンクという言葉の意味、コンサルタントとの違いについてでした、いかがでしたか?


注目記事


それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.研究」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
グーグルの由来やロゴの意味、意外と知られていない雑学。
コアラの握力が1トンという奄竏モ外な鳴き声などの雑学。
きんぴらの意味や語源由来を解説。実は金太郎が関係している

まとめ

シンクタンクには「諸分野に関する政策立案・政策提言を主たる業務とする研究機関」「頭脳集団」という意味がある。
また、シンクタンクを大別すると民間企業向けのシンクタンクと政府向けのシンクタンクの2種類になる。
シンクタンクは調査・研究が主たる業務であり、知識や情報を求められた時に提示し、選択肢や可能性を提案する職業である。
コンサルタントは「指導」をすることが目的となるため、シンクタンクとコンサルタントは厳密には違う職業である。