植物にも血液型がある!血が流れていないのにどうやって調べる?

今回は「植物にも血液型がある」ということで、植物にまつわる雑学を紹介します。
人間にはABO型の血液型があり、巷では血液型占いなんてのもありますよね。

実は血液型があるのは、血液の流れている動物だけではなく、植物にも血液型が存在しているのです。
しかし、血液が流れていない植物の「血液型」と言われてもあまりピンとこないかもしれませんね。

植物にも血液型がある

植物血液型
冒頭でも解説しましたが、植物にもしっかりと血液型があります。
それも人間と同じように、なんと「A型」「B型」「O型」「AB型」の四種類に分けられているのです。

例えば、人間以外の動物だと猫のほとんどはA型だったり、魚の全てA型だったりしますよね。
しかし、植物なのに人間と同じで四種類の血液型に分かれているのは、かなり意外に思われる方も多いのではないでしょうか?

血液型は糖タンパク質で決まる

しかし、植物は動物のように血液が流れている訳ではないため、どのように血液型が決められているのかが不思議ですよね。
実は植物の血液を測定する時は、植物をすりおろして液状にして測定するそうです。

そして、植物の血液型については、植物に含まれる糖タンパク質の種類によって決められます。
ただし、全ての植物で血液型が測定できるという訳ではなく、糖タンパク質を含む植物は全体の10%程度しかありません。

測定部位や時期が異なると血液型も変わる

また、同じ植物でも測定する部位や時期が異なると、測定される血液型が変わることもあります。
例えば、秋になると紅葉して色が変わるカエデなどは、時期によって血液型が変わる代表的な植物ですね。

別名「モミジ」とも呼ばれますが、実はカエデとモミジについては同じ植物を指します。
そして、カエデという植物の中でも、紅葉して色が変わるものがモミジと呼ばれています。

モミジは黄色に色づいてから赤色に変化していきますが、先ほど解説したように、黄色の時期と赤色の時期とでは血液型が変化します。
黄色に色づいているモミジは「AB型」なのですが、赤色になると「O型」へと変化するのです。

人間は子供の時にA型で、大人になるとO型になるなんてこはないため、植物の生態はとても不思議ですよね。

例えばあの植物の血液型は?

植物にも血液型がある
続いて、モミジ以外の植物の血液型について解説していきます。
実は普段食べている野菜や果物にも唐タンパク質が含まれており、血液型が測定できるものもあります。

A型の植物

まずはA型の植物についてですが、以下のものがA型の植物になります。

・アオキ
・ヒサカキ
・キブシ

正直言ってあまり耳馴染みのない植物ばかりですよね。
キブシについては山地の明るい場所に生息しており、北海道や本州、九州、四国などに広く分布しているため、おそらく一度は目にしたことがあるかと思います。

B型の植物

続いてB型の植物についてですが、以下のものがB型の植物になります。

・アセビ
・イヌツゲ
・セロリ
・ツルマサキ

セロリはさすがにわかりますが、他の植物はあまり馴染みがないですよね。
ツルマサキは北海道、本州、九州、四国、沖縄にまで分布しているため、おそらく見かけたことはあるかと思います。

O型の植物

まずはO型の植物についてですが、以下のものがO型の植物になります。

・ツバキ
・サザンカ
・ダイコン
・ゴボウ
・エノキ
・キャベツ
・ブドウ
・イチゴ
・ナシ

O型には普段から口にしている野菜や果物がたくさんありますよね。

AB型の植物

まずはAB型の植物についてですが、以下のものがAB型の植物になります。

・バラ
・ソバ
・アワビ
・スモモ

AB型にも馴染みのある植物がいくつかありますよね。
ソバはお馴染みの蕎麦の原料となる植物のことです。

以上が「植物にも血液型がある」という雑学でした。


注目記事


他にも、こんな雑学がお勧めです。
牛乳を温めると出来る膜は何の成分で出来ているのか。
刺身の食用菊の正しい食べ方とは?そのまま食べていませんか?
食卓用ナイフの刃先が丸い意外な理由

まとめ

人間と同じように植物にも「A型」「B型」「O型」「AB型」の四種類の血液型がある。
植物の血液型の測定は、植物をすり潰して液状にすることによって行われ、糖タンパク質によって血液型が測定される。
ただし、糖タンパク質を含んでいる植物は、植物全体の10%程度しかないため、全ての植物に血液型がある訳ではない。
普段食べている野菜や果物にも血液型が測定できる植物が多い。