このエントリーをはてなブックマークに追加

パフェとサンデーの違いとは!?

パフェ画像
この雑学では、パフェとサンデーの違いについて解説します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

パフェとサンデーの違いとは?
A.乗っている具材
B.値段
C.作られた国
D.器

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

パフェとサンデーの明確な違いとは

パフェとサンデーの疑問

皆さんはパフェとサンデーの違いについて説明出来ますでしょうか?
なんとなくイメージはあると思いますが、明確にこれといった説明をするのは難しいかと思います。
そこで、パフェとサンデーをそれぞれ調べ、明確な差を見つけたいと思います!

スポンサーリンク

パフェとサンデーの一般的なイメージ

パフェと聞いて、皆さんは何をイメージしますか?
筆者は、パフェといえば、一般的には細長いグラスに生クリームとアイスとフルーツが乗っているイメージです。
とても華やかで豪華な感じがしますね!

続きまして、サンデーのイメージです。
パフェよりはサンデーの方が安価でマイナーなデザートのイメージがあります。
一般的にはイメージとしては、ソフトクリームの上にチョコレートやフルーツソースがかかっているイメージですね!

と、いうことは、上に乗っかっている食材によって、パフェとサンデーの定義があるということでしょうか?

パフェとは?

まずはパフェについて解説しましょう。
パフェというのは、1910~20年代にフランスで作られたフルーツのムースが元祖のようです!
「パフェ」という言葉自体にも意味があり、これ以上は存在しない、完璧なデザートという意味が込められています。
また、フランス語で「完璧な」を意味する「parfait(パルフェ)」が語源となっており、この意味で世界へ広まっていきました。

サンデーとは?

次はサンデーについて解説します。
サンデーは1890年にアメリカで誕生したデザートのようです。
サンデーの名前の由来としては、日曜日に売られていたことから、サンデーと呼ばれたそうです。
しかし、イエス・キリストの安息日だったため、そのままの名前が使われることは不謹慎とされました。
そのため、英語の綴りではsundayとは書かずに、sundaeと書くそうです。

結局、パフェとサンデーの違いは?

パフェとサンデーについて解説しましたが、特定の食材が使われているわけでもないようです。
そのため、違いとしては、フランスで生まれたものがパフェで、アメリカで生まれたものがサンデーしか違いがないようです。
日本ではイメージに多少の違いはありますが、明確な違いはないんですね!

やはり、フランスではパフェと呼ばれていて、アメリカではサンデーと呼ばれています。
ということは、日本ではどちらで呼んでも間違いはないということになりますね!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C.作られた国」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

もやもやする結果となりましたが、現時点では明確的な差はないようです!
いつの日か定義される日がくるんですかね?

他にも、こんな雑学がお勧めです。
江戸時代、オナラをした人の身代わりになる職業が存在した
アロンアルファの歴史と意外な用途とは?
昔、サランラップで包んでいた意外な物とは?

まとめ

パフェは1910~20年代にフランスで生まれ、フランス語で「完璧な」を意味するパルフェという言葉が語源となっている。
サンデーは1890年代にアメリカで生まれ、日曜日に売られていたことからサンデーと名付けられた。
生まれの違いだけで、パフェとサンデーには明確な差は無い。
結論としては、日本ではどちらの名前で呼んでも間違いではない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です