このエントリーをはてなブックマークに追加

ロダンの考える人は何を考えている?

考える人
この雑学では、ロダンの考える人がいったい何を考えているのかついて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

「考える人」は何を考えている?
A.自分の過去
B.恋人について
C.自分の将来
D.考えているわけではない

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ロダンの考える人、実は何も考えていない!?

ロダンの考える人って?

アイキャッチの画像にもありますが、フランスの彫刻家ロダンが作った「考える人」。
このワードを聞いて、その姿が思い浮かばない方はなかなかいませんよね!

筋骨隆々とした裸の男が座り込み、左ひざの上に右手をついて、そこにあごをのせているというポーズです。
この彫刻を見たとき、深刻そうに一点を見つめ、この人はいったい何を考えているのだろうか?と、皆さんも考えたことがありますよね?

そんな、とても印象的な「考える人」ですが、実は驚くべき真実が隠されていたのでした!

スポンサーリンク



実は考えているのではなく、見つめているだけ?

実はこの作品、何かを考えているのでは無く、まさに一点をみつめているだけ、というのが本当のところなのです!
では、何を見つめているのでしょうか?

ロダンの「考える人」は、「地獄に落ちていく罪人を、上からじっと見ているところ」を表現していたのです!
「考える人」というタイトルなのに、ただ見つめているだけが真実だとは、驚いてしまいますね!

もともと「考える人」という作品は、ロダンの「地獄の門」という大作の一部です。
「地獄の門」は高さが6メートル、幅が3メートルの門の形をしており、そこに罪人たちが落ちていく地獄絵図が描写されています。

そして、その上のほうにかなり小さな「考える人」の像が存在しているのです!

「考える人」のモチーフ

「地獄の門」は、ボードレールの「悪の華」という詩集や、ダンテの「神曲」といった文学作品などを参考にして作られています。
一説では、「考える人」はその「神曲」の中の「地獄編」で、地獄をみて悩むダンテの姿だとも言われています!

さらには、彫刻を作ったロダン自身であるという説もあります。
ロダンが教え子のカミーユ・クローデルと恋に落ちたのが、この「地獄の門」の創作時期だったそうです。

本妻と彼女との板挟みになって悩む自分自身と、ダンテが悩んでいる姿とを重ねていたのかもしれませんね!

「考える人」は誰が名づけたの?

では、「考える人」はいったい誰が名づけたのでしょうか?
「考える人」という作品名は、この像を彫像したリュディエという人物が付けたのだそうです。

もともとは「地獄の門」の中の一部の作品でしたが、べつの名前をつける事によって、全く違った見方をされるようになったわけですね!
一部を切り取っただけでも、芸術として成立する作品を残したロダンの才能は、とても傑出していたと言えるでしょう!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.考えているわけではない」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

「考える人」の話題になったら、この雑学を披露してみてはいかがでしょうか?

他にも、こんな雑学がお勧めです。
全く知られていないトランプのマークと絵柄の本当の意味
アロンアルファの歴史と意外な用途とは?
舌の味覚は4種類しかない!?

まとめ

ロダンの「考える人」は、考えているわけではなく、地獄に落ちていく罪人を見つめている。
元々は「地獄の門」の彫刻の一部であった。
モチーフとなっているのは、文学作品や、ロダン自身とも言われている。
ロダンが教え子のカミーユ・クローデルと恋に落ちたのが、「地獄の門」の創作時期であるとされている。
「考える人」については、リュディエによって名付けられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です