このエントリーをはてなブックマークに追加

警察官が殉職すると、二階級特進する理由とは?

警察官殉職二階級特進
この雑学では、警察官が殉職すると、二階級特進する理由について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

以下の職業で二階級特進に関係のない職業は?
A.警察官
B.消防士
C.自衛隊
D.医者

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

警察官が殉職すると、二階級特進する理由とは?

命をかけた職業

国民の安全を守るため、そして社会の秩序を守るため、危険を顧みず頑張ってくれている職業はいくつかあります。
消防士や海上保安官、自衛官もとても危険な職業です。

そんななか、私たちの日常生活における安全について考えた場合に、最も身近で頼りになる存在といえば、やっぱり警察官ということになりますよね!
銃社会といわれて久しいアメリカなどでは、普通の住宅街で銃撃戦が繰り広げられる事も珍しくはありません。

そのため、公務中に殉職する警察官も少なくはありません。
そんなアメリカに比べてしまえば、当然、日本の警察官の殉職率はそんなに高くはありません。

それでも、事件や事故に巻き込まれて公務中に亡くなる可能性がゼロとはいえない危険な職業です。

スポンサーリンク

二階級特進とは?

不幸にも事件や事故で命を落としてしまった場合には、警察では命をかけて仕事に取り組んだ功績をたたえて、「二階級特進」となります。
一階級飛び越えて、二階級上の役職が与えられる事を、「二階級特進」といいます。

例えば、巡査長が殉職すると巡査部長を飛び越えて警部補に、巡査部長が殉職すると二階級上の警部に、警部が殉職した場合は、警視正の役職が与えられます。
警視庁の場合には、殉職委員会が特進階級を決定していますが、これは警察法などの法律で定められているわけではなく、日本の警察制度が始まった明治時代のはじめ頃からの慣習なのだそうです。

二階級特進は日本軍の名残り?

日本の警察制度の沿革を見ると、当初は軍とも関わりがあったことがわかります。
明治初年、警察は軍務官およびにその後身である兵部省の管轄でした。

1869年11月、兵部省は各藩から府兵を組織して東京府の警察事務を行っていました。
やがて、地方でも府兵や県兵が置かれましたが、1871年に廃止され、その翌年には警察が兵部省から司法省警保寮の管轄に変わり、軍事と警察は完全に分離されることとなりました。

そういう歴史もあって、日本軍で行われていた、戦争で亡くなった兵士を二階級特進させる制度の「軍隊ルール」を、警察が殉職警官に対しても適用したのです!
ちなみに、消防署や自衛隊でも、この「軍隊ルール」が受け継がれて、採用されているそうです。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.医者」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

命を賭して働いているからこそ、「二階級特進」の制度には納得できますよね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
マジックテープの意外な発明のきっかけと、正式名称とは?
風邪の時に食べても意味がないものや、負担になるもの
美味しい回転寿司の見分け方とは!?

まとめ

一階級飛び越えて、二階級上の役職が与えられる事を、「二階級特進」という。
日本の警察という機関は元々は軍の一部だった。
歴史の中で軍と警察は分離したが、軍だったころの名残りで、警察にも二階級特進の制度が受け継がれている。
警視庁の場合には、殉職委員会が特進階級を決定してるが、これは警察法などの法律で定められているわけではなく、日本の警察制度が始まった明治時代のはじめ頃からの慣習である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です