このエントリーをはてなブックマークに追加

孫の手の由来が孫ではないこと知ってました?

孫の手意味
この雑学では、孫の手の由来と歴史について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

孫の手の「孫」とは誰のこと?
A.孫
B.子供
C.美女
D.母親

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

孫の手の由来が孫ではないこと知ってました?

孫の手のイメージ

お爺さんやお婆さんが気持ちよさそうに背中を掻いている、孫の手といえばそのようなイメージを思い浮かべる人は少なくありません。
背中の上のほう、手の届かない部分がかゆい時などには、やはり何か掻くものが必要になりますよね?

「できれば誰かに掻いて欲しい。かわいい孫の手なら最高だ・・・。」
そんな思いがあったのかなかったのか、孫の手といえば、短い棒の先にちょうど「孫の小さな手」のような形をしたものが付いています。

「孫の手」という名前から想像しても、その形のイメージからしても、おそらく「孫の小さな手」をモチーフにしているのは間違いないと思うのが自然です。
ところが孫の手の由来は、実は孫とは全く関係がないところにあるのです!

ほとんどの方が「孫の小さな手」をイメージしていたかと思いますので、これはかなり意外な事実なのではないでしょうか!

スポンサーリンク

孫の手の本来の読み方は孫ではない

それでは、孫の手の「孫」は誰を指しているのでしょうか?
孫の手の「孫」とは本来、「麻姑」と書くのです。

麻姑とは中国の伝説上の仙女のことで、実際には正しいです。
1712年頃に出版された百科事典「和漢三才図会」には「爪杖」と書いて「まごのて」と読ませています。

その解説には「爪の杖は桑の木を用いて手指の形をつくり、自らの背を掻く所以のもの。俗にこれを麻姑の手という」と書かれているそうです。

麻姑の手は綺麗なお姉さんの手!?

それでは、実際には麻姑とはどのような女性のことだったのでしょうか?
時代は漢の時代にさかのぼります。

後漢・桓帝の時代、王遠という仙人がいました。
王遠がその弟子である蔡経と久しぶりに再会した際に、「蔡経の家に来ているので、久しぶりに会いたい」と、女仙人麻姑に遣いを出したところ、すぐに麻姑がやってきました。

蔡経は麻姑の手を見て「鳥のように爪が長い、この爪でかゆいところを掻いてもらえば、さぞ気持ちいいだろう」と考えました。
しかし、それを見抜いた王遠に叱責されてしまいました。

「麻姑の手」は、こんな中国の故事である「麻姑掻痒」に由来しています。
このことから考えると、「孫の手」は「孫の小さな手」ではなく、長い爪が美しい綺麗なお姉さんに、背中を掻いてもらっているイメージの方が近そうですよね!

孫の手の歴史

それでは、孫の手はいつごろから使われているのでしょうか?
実は孫の手は、いつから使われているのか、あるいは誰が発明したのかはわかっていないのです!

日本の孫の手は木や竹製がほとんどですが、17世紀~18世紀ヨーロッパの上流階級においては、象牙で作られたものや、貴金属の装飾された孫の手を使用していました。
また、当時の貴婦人は洋服を着替える習慣があまりなかったため、痒みが頻繁に起こるので、アクセサリー代わりに腰からぶら下げるなどして持ち歩いていたそうです。

孫の手は仏具の1種である「如意」のような形状をしており、実際に痒いところを掻くためにも使われていました。
ちなみに、アイキャッチ画像は、鳥山石燕『百器徒然袋』に収録された「如意自在」の画であり、「如意は痒きところを掻くに・・・」と説明があります。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C.美女」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

孫の手のイメージがガラッと変わったのではないでしょうか?
男性にとっては、美しい女性の手をイメージして掻いた方が気持ちいいかもしれませんね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
いつものアレもダメ!?食べ合わせの良い食べ物と悪い食べ物とは?
ラーメンを食べると鼻水がでるのはなぜ!?
みんなが勘違いしているエースの語源

まとめ

孫の手は「孫の小さな手」ではない。
孫の手は本来「麻姑の手」と読み、麻姑とは中国の伝説の仙女という美しい女性である。
「麻姑の手」は、こんな中国の故事である「麻姑掻痒」に由来している。
日本の孫の手は木や竹製がほとんどであるが、17世紀~18世紀ヨーロッパの上流階級においては、象牙で作られたものや、貴金属の装飾された孫の手を使用されていた。
孫の手については、いつから使われているのか、誰が発明したのかはわかっていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連コンテンツ

注目記事

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です