このエントリーをはてなブックマークに追加

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」「きしめん」の違いとは!?

そうめんひやむぎ違い
この雑学では、「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」「きしめん」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」「きしめん」の違いは何?
A.長さ
B.太さ
C.重さ
D.味

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」「きしめん」の違いとは!?

似ているけど、明確な違いって説明できますか?

夏になったら誰もが食べるのが、そうめんやひやむぎですよね!
スーパーで買えば安価で手に入り、調理の手間もかからず、夏バテしていても食べられるのでとても重宝しますよね!

そして、冬の寒い時期にも温かいつゆと一緒に、具材をたくさん入れて食べると本当に美味しいですよね!
風邪の時には消化にも良く、よく親が作ってくれたのを思い出します。

ところで、皆さんは「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」「きしめん」の違いを明確に説明することができますか?
なんとなくわかる人が多いかと思いますが、今回の雑学ではその違いについて詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

それぞれの違いについて

まずは、それぞれについてどのような基準があるのかを解説します。

そうめんについて

そうめん
そうめんは、元々は小麦粉と塩と水を練って作り、練ったものを植物油またはでんぷんをぬり、よりをかけて引き延ばして、細かく天日干しにして作っていたそうです。
現在では、製麺機で作られているため、昔ながらの作り方をしているお店などは少ないのではないでしょうか?

JAS規格の「乾めん類品質表示基準」によると、麺の太さが長径1.3mm未満を「そうめん」と定義しているそうです。

ひやむぎについて

ひやむぎ
続いてはひやむぎについて解説します。
ひやむぎは元々はうどんを細く切ったものだったそうです。

細くきったものを「切り麦」といって、熱して食べるものを「熱麦」、冷やして食べるものを「冷麦」と呼びました。
「ひやむぎ」とは細打ちにしたうどんで、「そうめん」と同じく、小麦粉と塩と水を練り合わせ、切って作るものでした。

JAS規格の「乾めん類品質表示基準」によると、麺の太さが長径1.3mm以上1.7mm未満を「ひやむぎ」と定義しているそうです。

うどんについて

うどん
ここまで「そうめん」や「ひやむぎ」について説明してきたので、なんとなくおわかりかと思いますが、うどんの定義も長径(太さ)が関係しているのです。
JAS規格の「乾めん類品質表示基準」によると、1.7mm以上の麺について「うどん」と定義しているようです。

きしめんについて

きしめん
最後はきしめんについてです。
きしめんは他の麺類とは基準が違うのが特徴です。

他の麺類は長径(太さ)を基準としていましたが、きしめんは幅と厚さを基準にしています。
JAS規格の「乾めん類品質表示基準」によると、幅4.5mm以上、厚さ2.0mm未満のものを「きしめん」と定義しているようです。

つまり、「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」「きしめん」の違いは、「太さ」にあるということですね!
昔は製造法によって区別されていたそうですが、今は完全に「太さ」により区別されているようです。

ちなみに色つきの麺ってなんなの?

ちなみに、そうめんやひやむぎを食べている時に、色つきの麺が入っていたりしましたよね?
色つきの麺が入っていると、なんだかラッキーな気がして、気分が良かったですよね!

あの色は何のためについているのか、考えたことはありませんか?
実は、元々はひやむぎにだけ入っていたものなんです!

見かけや太さが良く似ていて見分けをつける事が難しいため、色つきの麺が入っているのが「ひやむぎ」、入っていないのが「そうめん」として区別していたそうです!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.太さ」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」「きしめん」の違いについて、ご理解頂けたでしょうか!?

他にも、こんな雑学がお勧めです。
「潮時」は誤用されている?本当の意味と語源とは!?
風呂に敷かないのに、なぜ風呂敷なの?
正露丸の意外な意味と語源とは?

まとめ

JAS規格の「乾めん類品質表示基準」によると、麺の太さが長径1.3mm未満を「そうめん」、麺の太さが長径1.3mm以上1.7mm未満を「ひやむぎ」、1.7mm以上を「うどん」と定義している。
きしめんは基準が違い、幅4.5mm以上、厚さ2.0mm未満のものを「きしめん」と定義している。
昔は麺の製造方法によって区別されていたが、現在では「太さ」によって区別している。
ちなみに、昔は色つきの麺が入っているものを「ひやむぎ」、入っていないものを「そうめん」と区別している時期もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連コンテンツ

注目記事

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です