このエントリーをはてなブックマークに追加

「様」「殿」「御中」「行」「宛」の使い分けできますか?

様 御中 行 宛 殿

この雑学では、「様」「殿」「行」「宛」「御中」の使い分けについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

自分宛の返信用封筒の宛名で正しいものは?
A.様
B.行
C.御中
D.何もつけない

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

「様」「殿」「御中」「行」「宛」ってどう使い分けるの?

会社宛、返信用封筒、往復はがき…

日常生活を送っていると様々な場面でお手紙を書くことがあると思います。

年賀状だったり、誰かに荷物を送ったり…。

中でもお仕事をしている人は自社内や客先に送ることも多いのではないでしょうか。

その時、宛名に何をつけて良いか悩んだことはありませんか?

メールでも使えますのでそれぞれの意味を覚えて、しっかり使い分けできるようになりましょう!

スポンサーリンク



それぞれの意味と使い分け

「様」

これはとても一般的にもよく使いますよね!

「様」は宛先が個人のときに使います。

例えば、「○○会社 ○○部 田中様」といった場合ですね!

目上・目下など関係なく、どんな人宛にも使えます。

個人名が分からなくても担当者個人に送りたい場合にも「様」をつけます。

「○○会社 ○○部 ご担当者様」といった形になります。

「殿」

「様」に比べて「殿」はあまり見かける機会が少ないね。

「殿」は目上の人から目下の人に使うものです。

また「殿」は文書のみで使われる言葉で、口語では基本使いません。

個人と個人のやりとりであれば「様」をつけるのが無難で、「殿」を使う場合は主に組織全体(会社や団体)から個人宛に送る文書で使われます

また会社の代表として作る文書を個人宛に送る場合に「殿」を使うと、会社の代表という意味合いが強まります。

御中

個人宛は「様」と「殿」を使いますが、会社や団体など組織全体、または部署全体に送るのであれば「御中」を使います。

個人宛ではないので、送った組織の誰が開封してもよいという意味合いもあります。

使い方としては、
「○○会社 御中」「○○会社 ○○部 御中」となります。

次で詳しく説明しますが「行」を書き換えた場合の丁寧な書き方が「御中」と思っている人も多いようですが、それは間違いなので気を付けましょう。

「行」は返信用封筒など、自分宛に送ってもらう文書のときに使います。

自分宛の封筒に自分で「様」をつけるのはちょっとおかしいですもんね!

また、返信用封筒を受け取った側がやらなければならないマナーが一つあります。

それは「行」の字を二重線で消して「様」(団体宛であれば「御中」)と書き直すこと

二重線の書き方にもルールがあって、横書き封筒の場合は横に、縦書きの場合は右上から左下に向かって、もしくは縦に二重線を引きます。

このとき、なるべく真っすぐキレイな線を引いたほうがいいので定規等を使って引くのをオススメします。

これはビジネスマナーとしてとても大事なので、特に客先から来た返信用封筒は必ずこの書き直しを忘れないようにしましょう。

「宛」については二つの考え方があります。

一つは「行」と同じ意味で使われるという説

もう一つは「宛」なんて通常使わないという説です。

後者の理由としては、「宛」は「○○宛にお送りください」などという場合に使うものであって郵便の宛名としてはふわしくない、というものです。

以前、区役所からのお手紙に入っていた返信用封筒に「○○宛」と書いてあったことがあるので「宛」を使われる方もいるようですが、無難に「行」を使った方がよさそうですね。

もし返信用封筒に「宛」と書いてあっても、「行」と同じように二重線で消して「様」か「御中」に書き換えましょう。

重複して使うのは間違い!

「様」「殿」「行」「宛」「御中」、それぞれの使い方を解説してきましたが、
「○○会社 ○○部 御中 ご担当者様」や、「○○会社 ○○部 ご担当者様 御中」など「様」や「御中」を重複して使うのは間違いです。

敬称はどれか一つだけ使うようにしましょう。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.行」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

これでもう文書を作るときに悩まなくて済みますね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
サイコロの歴史と1の目が赤い理由とは!?
「気が置けない」の本当の意味と語源とは!?
意外と知られていないドラフトの意味と語源

まとめ

「様」は個人宛、「殿」は目下宛もしくは組織全体から個人宛、「御中」は組織全体宛、「行」は返信用封筒など自分宛、ということが分かった。

「宛」は「行」と同じ意味で使うという説と「宛」を使うのはふさわしくないという説があるので、無難に「行」を使った方が良さそうである。

返信用封筒を受け取った側は、「行」や「宛」を二重線で消して「様」か「御中」に書き直すというビジネスマナーがある。

これらの言葉は宛名として書くときに重複して使ってはいけない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です