このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートに致死量があるの!?体重の1割という噂が・・・

チョコレート致死量
この雑学では、チョコレートの致死量について解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

チョコレートにも致死量が存在するが、原因は何?
A.砂糖
B.カカオ
C.カフェイン
D.クロム

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

チョコレートに致死量があるの!?体重の1割という噂が・・・

チョコレートの面白い噂が拡散

チョコレート致死量
チョコレートといえば、子供から大人まで多くの人に愛されているお菓子ですよね!
毎年2月14日には「バレンタインデー」もあり、女の子はチョコレートを選んだり、好きな人のために手作りしたり・・・

また、男の子は1日中そわそわしてしまう日でもありますよね!
そんなチョコレートですが、面白い噂を聞きました。

それは「チョコレートにも致死量がある」という噂です。
そもそも「チョコレート 致死量」という字面にちょっと「ふふっ」と笑ってしまいますよね!

SNSなどで多く拡散された情報ですが、果たしてチョコレートにも致死量が存在するのでしょうか?
致死量が存在するとして、どれだけ食べれば致死量になるのでしょうか!

ちょっと馬鹿げた雑学ですが、真面目に検証したいと思います。

スポンサーリンク

チョコレートの致死量について

噂ではチョコレートの致死量は体重の約1割といわれています。
どこから出た情報かはわかりませんが、一応科学的根拠があるそうです。

チョコレートが原因というよりは、チョコレートに含まれる砂糖を大量に摂取することが死につながるそうです。
とあるラットを使った実験では、体重が1キログラムのラットに対して、29.7gを与えた結果、半数のラットが死んだという実験結果が出たそうです。

つまり、人間も砂糖を大量に摂取することにより死ぬ可能性があるということが、科学的に証明されているわけですね!

人間で換算するとチョコレートの致死量は?

チョコレート致死量
ラットの実験では、1キログラムのラットに対して約30gの砂糖を与えました。
60キログラムの人間で換算すると、約1800グラムの砂糖で致死量となる計算となります。

チョコレートのメーカーや種類によって使用される砂糖の量は異なりますが、チョコレート65グラムに対して、砂糖は大体20g含まれているそうです。

人間の砂糖の致死量は1800グラムなので「1800 ÷ 20 = 90枚」でチョコレートの枚数でいうと90枚が致死量ということになります。
チョコレート1枚が65グラムなので「90 × 65 = 5850g」で、5850グラムが約6キログラムと考えると、60キログラムの1割という結果になりますね!

つまり、相手の体重の1割のチョコレートを食べさせることにより、致死量に至ることが証明されました!
モテすぎる男の子は注意してください!

しかし、そもそもの話をすると、チョコレートじゃなくても1度の食事で6キロも食べれないので、あまり意味がない計算かもしれませんね・・・

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.砂糖」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

バレンタインデーなどでこの雑学を披露すると、笑いを取れるかもしれませんね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
「そうめん」「ひやむぎ」「うどん」「きしめん」の違いとは!?
喋ってる?!デグーの鳴き声が可愛いんです!飼い方も!
ニコチン依存症とアルコール依存症はどちらの方が良くない?

まとめ

チョコレートの致死量は体重の1割と言われている。
原因はチョコレートに含まれる砂糖の摂取のしすぎである。
ラットを使った実験では、砂糖を大量に摂取させたラットのうち半分が死んでしまった。
一般的な板チョコの枚数で計算すると、60kgの人間に対して、90枚のチョコレートを食べさせると致死量となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です