電車で居眠りしても倒れないの理由について解説。

この雑学では、電車で居眠りしても倒れない理由と、電車での居眠り方法を解説します。

雑学クイズ問題

電車で倒れないのは、身体のどの部分のおかげ?
A.筋肉
B.三半規管
C.右脳
D.肝臓

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

電車で居眠りしても倒れないの理由について解説。

電車で居眠りしても倒れないの理由について解説。

電車でウトウト

皆さんは電車で立ったままウトウトしている人を見かけたことがありませんか?
体が傾いてきて、あっ!倒れる!と思っても、すっと状態を戻してなぜか倒れない。

なぜなのでしょうか?
それにはちゃんとした理由があったのです!

三半規管のおかげ?

眠っているのに、どうして倒れる寸前に体勢を立て直すことができるのでしょうか?
それは、三半規管のおかげなのです。

三半規管は、身体の平衡感覚をつかさどっていて、内耳の中にあります。
これは、本人の意思とは関係無く自動的に働いています。

三半規管にはたくさんの毛が生えた袋があり、この毛を感覚毛といいます。
その中には、平衡石とよばれる石と液体が入っています。

この石は、身体が傾くことにより転がって、感覚毛を刺激し圧迫します。
その刺激により、傾いた事を身体が察知して反射が起こり傾いた体を元に戻そうとしているんですね!


そもそもどうして体が傾くの?

そもそも、電車で居眠りをするとどうして体が傾くのでしょうか?
これにもちゃんとした理由があります。

それは、言うまでもなく頭が重いからです。
人間は眠ってしまった時に、筋肉が弛緩します。

そのため、頭の重さを支え切れなくなった結果、倒れそうになるのです。
電車で前だけではなく、左右にも傾いてしまう理由は電車が加速・停止することにより、電車が揺れるためです。

電車の中で快適に居眠りする方法

電車で居眠りしても倒れないの理由について解説。
電車で居眠りしても倒れてない理由について解説しました。
ここからは、電車でいかに快適に居眠りをするかについて解説します!

出勤時間や退勤時間を使って、少しでも身体の疲れを取りたいですよね?

30分寝るために、10分早起き

皆さんは、電車の中で1番居眠りをしやすいのはどの席だと思いますか?
それは、一番端の席となります。

理由は、端の席だと隣の人がいないため壁に寄り掛かって眠れるからですね!
私は、始発の駅を利用する際には必ず先頭に並んでこの席を確保できるように、10分早起きしていました。

電車1本分はやく家を出て、1本目の電車は見送り、2本目の電車で先頭で乗車できるようにするということです!
この方法で乗車時間の30分の居眠り時間を確保していました!

また、早く到着することで、端の席はキープできなくても、座って眠ることが確定できる事も利点に挙げられます。

座れない時は?

座れない時には、とある立ち方をして眠っています。
すると、身体が安定して比較的居眠りがし易いです。

まずは、足を肩幅ぐらい開いて立ちます。
そして、電車の進行方向側の足のへつま先を、電車の進行方向へ向け、足の形が八の字になるようにします。

この体勢は縦の揺れにも横の揺れにも対応でき、とても体が安定します。
居眠りの時だけではなく、吊革につかまれなかった時も、この体勢をとるようにしています。


注目記事


それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.三半規管」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

居眠りをする方法については、明日からでも実践できますので、ぜひ試してみてください!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
肩こり解消に効く魚がいる!?
胃酸によって胃が消化されない理由
マッチよりも先にライターがあった?

まとめ

電車で居眠りをしても倒れない理由は、三半規管が自動的に働いているからである。
また、電車の居眠りで倒れそうになる理由は、筋肉が弛緩し、頭を支えきれなくなる理由と、電車の加速・停止による影響である。
端の席だと隣の人がいないため、壁に寄り掛かって眠れるため、快適に居眠りすることができる。
早く到着して橋の席をキープすることにより、快適に眠りながら出勤することが可能である。