コーラで歯や骨が溶けるという噂は本当?それとも都市伝説?

今回は「コーラで歯や骨が溶けるという噂は本当?」ということで、コーラにまつわる雑学を紹介します。
昔から都市伝説のように囁かれているこの情報ですが、いまいち信ぴょう性にかけますし、やはりただの都市伝説のように感じてしまいますよね。

しかし、意外にもコーラには実際に歯や骨を溶かす力があるのです。

コーラで歯や骨が溶けるのは本当?

それではさっそく「コーラで歯や骨が溶ける」という情報の真偽について解説していきます。
結論から言ってしまうと、コーラが歯や骨を溶かすという情報は「本当」です。

人間の歯や骨は主にカルシウムやマグネシウムから出来ており、カルシウムやマグネシウムは酸に反応して溶ける性質を持っています。
そして、コーラには酸味料が含まれていて酸性の飲み物であることから、歯や骨を溶かしてしまうのです。

また、コーラに限らず酸味料などが含まれた酸性の清涼飲料水は、例外なく歯や骨を溶かす性質を持っています。
実際に実験してみると、食べ終わった魚の骨や抜けた自分の歯をコーラに長時間浸しておくと、溶けてしまうことがわかります。

飲んでも大丈夫?

都市伝説かと思われていた「コーラで歯や骨が溶ける」という情報ですが、事実とするならば飲むのが恐ろしくなりますよね。
しかし、普通にコーラを飲んで楽しむ分には全く問題はありませんので安心してください。

普通に考えればコーラが体内の骨に触れる機会なんてありませんよね。
また、長時間浸しておくことによって溶けるだけであり、口の中も一瞬で通過していくため、飲んだからといって歯が溶けることはありません。

仮に口の中で長く味わって飲み込んでも、一日中口の中にコーラをためておくことはありませんし、唾液にはコーラの酸を中和する作用があります。
更に言えば、酸性の飲み物はコーラだけではありませんし、他にも酸性の食べ物はこの世にたくさん存在しています。

それらの酸性のものを食べたり飲んだりしても歯が溶けないように、コーラに関しても歯が溶けることを必要以上に意識する必要はありません。

なぜ溶けると言われるようになった?

それでは、なぜコーラで歯が溶けると言われるようになったのかというと、虫歯のメカニズムに関係があります。
虫歯は口内に残った糖などから酸が作られて、歯のエナメル質が溶けてしまった場合に発症します。

先ほど、口の中は酸性に傾きすぎないように唾液が酸を中和していると書きましたが、あまりにも酸が生成されすぎて中和が追い付かなくなると虫歯になってしまいます。
また、歯のエナメル質は少しずつ再構築されていますが、酸によって溶ける速度の方が速かった場合にも虫歯となります。

コーラには多くの糖分が含まれていることから、飲むと口内に糖が残り、ケアを怠っていると細菌によって酸が生成されます。
そのため、虫歯になるリスクが高まることから、コーラを飲むと歯が溶けると言われるようになったのかもしれません。

また、虫歯になると実際エナメル質が溶け、歯が溶けてきてしまうことから「コーラ=歯が溶ける」というイメージが出来たのかもしれませんね。
以上がコーラで歯や骨が溶けるという噂についてでした。


注目記事


他にも、こんな雑学がお勧めです。
むらさき?あがり?知って得するお寿司用語と意味!
ストロガノフの意味や語源由来を解説、どんな料理か知ってます?
フィナンシェの意味や由来、語源とは?お菓子の雑学。

まとめ

コーラによって歯や骨が溶けるという噂があるが、この噂は事実である。
歯や骨を構成するカルシウムやマグネシウムは酸に反応して溶ける性質があり、コーラは酸性の飲み物となっている。
しかし、長時間浸した場合に徐々に溶けていくだけなので、普通にコーラを飲むことで歯や骨が溶けることはない。
コーラを飲むと虫歯になるリスクが高まり、虫歯になると歯が溶けてしまうことから「コーラ=歯が溶ける」というイメージが定着したのかもしれない。